相続税の計算方法

MENU

相続税の計算方法

相続は傾向として基本的に突然起こることが多いです。ですので、相続手続きを始めたときの最初の段階では、相続税を納める必要が果たしてあるのかが分かりにくいです。そこで、相続税が発生するかどうかを計算して求めることになります。
相続税の計算は、以下の図式となります。かなり面倒そうに見えますが、ただ計算式自体はシンプルですので覚えやすいといえるでしょう。
 課税価格は、本来の相続財産にみなし相続財産・相続開始前の3年以内における贈与財産・相続時精算課税による贈与財産を加えてから非課税財産と債務及び葬式費用を引いた金額となります。
 このうちみなし相続財産というのは、元々財産を持っていた人が亡くなったまたは、財産を譲ったことを明記したことによって相続人のものとなった財産のことを指します。主に弔慰金や保険金などが該当します。
 相続時生産課税による贈与財産については少し複雑な説明になりますが、生前贈与時において予め贈与税を納めてから、相続が起こった段階でで贈与財産と相続財産とを合わせた財産に対し相続税を計算し、先に納付済の贈与税との差額を支払うまたは還付を受けるという贈与税の制度の一つによって発生した財産のことを指します。
 非課税財産もあり、その分は相続税の対象から外れるため差し引きます。例えば墓石代や仏壇代は相続の対象としては国民的感情から適さないと法的に判断されているため外れます。
 課税対象となる遺産の総額の計算の出し方については、個人それぞれのの課税価格の総額から基礎控除をはじめとしたさまざまな控除制度により発生した控除金額を引いたものが課税対象となる遺産総額です。
 基礎控除は相続税の計算に誰でも等しく使われる控除のことを指し、3,000万円に600万円を加え法律で決まった相続人の数をかけて算出されます。他にもいくつかの控除の種類があります。
 課税遺産総額の計算が終わった段階で個々の相続人に法律で決められた分配方法により正等に分けます。
 例として遺産総額が6億円と算出された場合は、配偶者に半分の3億円が相続され子供が2人いた場合は1億5千万円を折半します。