相続税の節税遺産相続した場合

MENU

遺産相続した場合の税金は?

財産を残したまま亡くなった場合に、その人と親族関係にある人が財産上の権利と義務を受け継ぐことを遺産相続といい、それによって取得した財産に対して課税される税金を相続税といいます。法律上では、相続することが可能な人物は亡くなった人の配偶者、子供、直系の尊属、兄弟姉妹となっています。直系の尊属とは両親のことであって、配偶者の両親は含まれません。相続できる順位は子供、直系尊属、兄弟姉妹の順になっていて、配偶者は常に相続人となっています。相続順位に上位の人がいた場合は、下位の人は相続権を失うこととなり、たとえば配偶者が存命で子供もいた場合は相続人はこの両者のみになります。配偶者がいるけれども子供も両親もいなくて、兄弟姉妹がいる場合は、相続人は配偶者と兄弟姉妹ということになります。相続税の申告や納税には期限があり、亡くなられた方の死後十か月以内と決まっています。遺産相続をするには煩雑な手続きがあり、十か月は長いようですが決して余裕がある期間とは限りません。民法や相続税法などで決められた期限内に手続きを終えてしまわなければ不利益を被る場合があるため、注意が必要です。三か月以内に行わなければならないのは、相続を放棄するかどうかということです。亡くなられた方が借金などの負の財産を正の財産よりも多く残した場合は、それを放棄して負担を免れることができます。四か月以内に行わなければならないものは、所得税準確定申告であって、この申告は相続する全員が納税者となって、亡くなられた方の所得申告を行う義務があります。十か月以内にしなければならないものは、相続税の申告と納付です。相続開始を知った日の翌日から十か月以内に相続人全員が相続税の申告と納税をしなければならず、それまでに遺産分割協議を終わらせておく必要があります。また、納税方法の延納や物納を選択する場合も、十か月までに申請書を提出して許可を得る必要があります。