相続税と土地 対策

MENU

相続税と土地 対策

日本では土地を所有しているというだけで固定資産税がかかってしまいます。もしも、その土地を利用していなかったり遊休地など空き地にしている場合は、税金の優遇という面では一つもいいことはありません。相続税もその例外ではなく、相続する時の時価で税金が課税されることになっています。そのため、土地を相続することになった場合には、そのまま更地にしておくよりも、賃貸マンションなどを建設したほうが、もっとも節税できる有効な対策となります。たとえば賃貸のマンションを建設したとすると、相続税法により貸家建付地として相続する土地を評価することができるため、何もない更地のままの土地よりも、相続税評価額がおおむね二割引となりますから、大幅な土地の節税対策になります。また、金融機関などに預けてある現金を建物などに変えておくことで、相続税評価が六割引きになります。一億円なら一億円として、現金の評価額はそのままの価値として評価されますが、現金を賃貸マンションなどに変えておけば評価額を下げることができるため、これも大幅な相続税対策になります。また、小規模宅地の特例というものがあり、賃貸マンションを建設すると相続税法により、その土地を二割引で評価することができますが、さらに不動産の貸し付けとして使っている土地は、この制度を使うことにより五割引となるため、より効果がある対策になります。他に節税対策として考えられるのは、もし賃貸マンションなどを建設するときに金融機関などから借り入れをした場合には、借金があるということになり、この借入金は相続税を計算するときに相続財産から差し引きすることが可能となっていることが挙げられます。つまり借金をすることで相続財産が減るのですから、これも節税対策になるというわけです。このように相続税の対策を考えるうえで最も大事なことは、相続する財産を減らし、その評価額を下げるということにつきます。