生命保険と相続税(相続税かかるの?)

MENU

生命保険と相続税(相続税かかるの?)

子供がいる家庭では亡くなった時に備えて生命保険に加入するケースが非常に多いですが、この生命保険に関しても相続税の課税対象となることがあるので、使用目的に関係なく保険金を受け取ってもしばらくは使わないままとっておくようにしましょう。
生命保険の死亡保険金は、契約者、被保険者、保険金の受取人がそれぞれ誰になっているのかによって課税される税の種類が異なります。相続税が課税されるのは、契約者と被保険者が同一で、保険金の受取人が契約者以外の者だった場合です。生命保険では、夫が契約者と被保険者で、夫の死後に妻もしくは子の誰かが保険金を受け取るケースがよくありますが、まさにこのケースが相続税が課されるパターンとなります。死亡保険金の受け取り方にはこの他にもパターンがありますが、契約者と保険金の受取人に同一で、被保険者が契約者以外の者だった場合は所得税の一時所得に算入し、被保険者、契約者、保険金受取人の三者がみな異なる場合は保険金受取人に贈与税がかかることになります。
死亡保険金が相続税の課税対象となる場合、全額が対象となるとは限りません。死亡保険金の受取人が相続人となっていた場合は、法定相続人の人数に500万円を乗じた金額を超える部分が相続税の課税対象となります。例えば、夫、妻、子2人の4人家族で、夫が被保険者兼契約者、保険金受取人を夫以外の家族の誰かとして生命保険に加入した場合、夫以外の家族は全員が相続人となるため、生命保険の死亡保険金は1,500万円までは控除の対象となります。もし、死亡保険金が2,000万円だった場合は、相続税を計算する際には500万円を遺産総額に加算しなければなりません。
死亡保険金を申告しなければならない場合は「生命保険金などの明細書」と呼ばれる書類に必要事項を記入して、他の申告書類とともに提出します。明細書には計算方法が記載されており、番号順に計算していくだけで、各相続人の課税金額を算出できるようになっています。