相続税の節税控除とは

MENU

相続税の控除とは?その方法は?

相続税の控除とは、簡単に言ってしまうと相続税の納税額を安くする制度のことで、税額控除には贈与税額控除・配偶者控除・未成年者控除・障害者控除・相次相続控除・外国税額控除などがあります。相続を受けた人の事情によって相続税からこれらの税額控除を差し引きして、納税額を安くすることができます。贈与税額控除とは、贈与税を支払った後に相続税も支払うといった、二重に税金を支払わなくてもいいようになる制度です。ただしこの控除の対象になるには被相続人が亡くなった日より三年間のあいだに贈与を受けた相続のみですので注意が必要です。配偶者控除とは、夫婦とは一緒に助け合って生活をするものであり、お互いが財産を作るために大きな役割を果たしていて、配偶者の老後の生活を保障する必要があることからできた制度です。また、配偶者同士は同じ世代であることも多いため、短期間のうちに相続が二回も発生して同じ財産に二度も相続税がかかるというケースも考えられ、これにも配慮されています。配偶者控除は婚姻の期間には関係がなく、届け出を済ませてあれば適用されます。未成年者控除とは、相続する人が未成年の時に受けることができ、様々な輩が相続財産にありつこうとするのを防ぐため、手厚く保護されています。未成年者の多くは収入がなく、成人するまでは養育費は相続財産に頼らなくてはならないため、この控除が生まれました。障害者控除とは、未成年者の時と同じようなトラブルが考えられるため、相続税の額から一定の金額を差し引いて税金を安くできるもので、未成年者同様に手厚く保護されています。相次相続控除とは、父親を亡くした後相次いで母親も亡くした場合に起こる相続では納税の負担が大きいため、納税額の負担を軽くしようという制度です。十年以内に続けて起こった相続に適用され、法定相続人のみに限られます。外国税額控除とは、海外と国内の両方で相続税を支払う必要はありませんというものです。