相続税の節税 株式の相続方法

MENU

株式の相続方法について

被相続人が死亡した場合に、相続人が継承できる財産というものは実に多彩で預貯金や現金はもちろんのこと不動産や自動車、株式など生前に被相続人が所有をしていた財産のすべてが相続財産としての対象となっています。もしも、相続人が相続をした財産が預貯金や現金であった場合、その相続方法というものは非常に分かりやすく簡単ですが、それ以外の相続財産に関しては名義を変更するなどの手続きが必要になってくるので忘れないようにしましょう。
具体的な例としては株式の相続があります。株式を相続した場合であっても預貯金や現金を相続したときと同様に相続税が課税されることになるので、株式の相続に際してはその名義をそれまでの所有者であった被相続人のものから新しい所有者のものに変更をする必要があります。この名義変更の手順としては大まかに二種類あります。
株式の相続することになった相続人がすでに証券会社に証券口座を開設してある場合、死亡した被相続人の所有していた株式を相続人の証券口座のほうに移すというのがひとつめの方法です。この場合、被相続人が死亡したときにはその人が利用していた証券会社に連絡を入れる必要があります。これは直接店頭に足を運んでも電話でもかまいません。そうすることによって株式の名義を変更する際に必要な各種の書類や集めなくてはならない証明書などを知ることができます。あとはそのリストに従って書類の収集、作成を行えば株式の名義変更を済ませることができます。
もしも、株式を相続することになった相続人がまだ証券会社に証券口座を持っていないというときには、まず最初にやらなくてはならないのが新規に証券口座を開設することになります。この際に一番ベストなのが死亡した被相続人と同じ証券会社に証券口座を開設することですが、必ずしも証券会社が同じではならないという決まりとなっているわけではありません。相続人が自分の気に入った証券会社を選んだとしても問題はありません。証券口座の開設後の手続きとしては前述した方法と同様に被相続人の利用していた証券会社に連絡をし、その後に必要書類を提出するという流れになります。