相続でもめない遺言の書き方

MENU

相続でもめない遺言の書き方

多くの財産を有している高齢者の方は、自分が死んだ後、遺族が相続税のことでもめなくてすむよう、しっかりとした遺言を残しておかなければなりません。
これはいわゆる遺書と呼ばれるものですが、遺書には自分が伝えたい意思を正確に記すようにしましょう。
また、自分で作成するのが鉄則だということも覚えておいてください。
遺言書の書き方で注意しなければならないことは、いくつかあります。
まず一つは、遺言書は前文を自筆で書くことです。
しかも、手書きで書くことが重要になります。
なぜなら、他人が作成した遺言書は、自筆証書遺言として認められないからです。
そして自筆証書遺言として認められないものは、法的な力を持つことができません。
結果、本人の意思どおりに相続がなされないことになります。
こうしたことを避けるためには、遺言書を必ず自分の手書きで作成しなければなりません。
ここで重要なポイントは、必ず手書きで書くということです。
人によってはワープロやパソコンで作成する人もいますが、残念ながらワープロやパソコンで作成したものは自筆はみなされません。
もちろん、遺言書としても認められません。
また、手書きではなくビデオレターとして残そうとする人もいますが、そうした録音物も自筆証書遺言として認められません。
もちろん、レコーダーに録音したものも遺言書として成立しません。
さらに、みずから手書きで書く場合でも、他に注意しなければならないことがあります。

それは、必ず日付を書くことと、署名を行うこと、印を押すことです。
これらのうち一つでも守られていないものは、遺言書として無効にされてしまうことを覚えておいてください。
法的に有効な遺言書の作成に必要なものは、髪と筆記用具だけですが、書き方にはこのような注意点があります。
せっかく遺言書を書いても無効になったのでは意味がないので、必ず注意点を守りながら作成してください。
法的に有効な遺言書があれば、財産を巡って遺族が争いを始めることもありません。