養子縁組をした場合の相続について

MENU

養子縁組をした場合の相続について

養子縁組をした際の相続について知る前に、まず最初に知っておきたいのが養子縁組には二種類の形態があるということです。養子縁組には特別養子縁組と普通養子縁組とよばれるふたつの方式があるのです。この養子縁組の形態によって後々、発生するであろう相続の仕方に大きな違いが生まれることになります。また、そのことは相続税に大きな影響があるので養子縁組の形態と相続が発生した際の手続きの仕方についての知識を身に付けておく必要があります。
特別養子縁組と呼ばれる養子縁組の方式では、養親と養子との間に養子縁組よって新しい親子関係が生じることになります。ただし、この方式での養子縁組の場合には、新しい親子関係が養親と養子との間に生じた時点で実親との親子関係は消滅することになります。つまり、特別養子縁組では、それをした以降はたとえ血の繋がっている親子であったとしても養子縁組と同時にその親子関係は法律的に消滅することになります。そのため、実親が死亡した場合であっても養子縁組をして親子関係が消滅した子供には実親の遺産を相続する権利はありません。つまり、このようなケースでは相続が発生しないので相続税が課税されることもありません。
それに対して普通養子縁組と呼ばれる方式では、養子縁組をした後も実親との間には依然として法律上の親子関係は継続をしたままです。そのため、養親が死亡した場合も実親が死亡した場合のどちらであっても相続が発生することになり、相続財産の金銭的な価値に応じて相続税が課税されることになります。
また、養子縁組をした人物が養親や実親よりも先に死亡することがあったときには、その人物の所有していた財産は養親、実親の双方が法定相続人となります。また、養子縁組後に生まれた子供については代襲相続人となりますが、養子縁組前に生まれていた子供に関しては代襲相続人となることはできず、養親の遺産を代襲相続することは認められません。