相相続税の節税対策なら専門税理士・弁護士に無料相談!B

MENU

税理士費用や料金の相場と平均は?

税理士費用の料金相場 個人経営者や中小企業などの小規模業者が節税や確定申告をしたい時、税理士への依頼を考え付く局面もあるでしょう。それでも、税理士費用はいくらくらいなのか、意外にも知られてません。気になる税理士にかかる費用の料金相場をお知らせしたいと思います。
税理士費用は地方やオフィスによって違う・税理士の費用は、エリヤやその事務所の経営の考え方などの理由によって同様にはなりません。そんなわけで、沢山ある税理士事務所の事例を、1000万円以下の売上金に対する自営業者の価格で、比べてみました。
・愛知県のある税理士事務所月額顧問料 1万円(3ヶ月に1回の来社)期末のその他決算料 6万円記帳代理人による記載なしの時は年間18万円・東京都の税理士事務所月額顧問料 2万円(3ヶ月に1回の来訪)その他決算料 10万円記帳代理人による記載なしの場合は年間34万円
・熊本県のある税理士事務所月額顧問料 ひと月当たり2万円期末のその他決算料 8万円記帳代理人による記載なしの時は年間32万円・神奈川県の税理士事務所顧問料 月額2万円(2ヶ月に1回の訪問)その他決算料 10万円記帳代理人による記載なしの場合は年間34万円
アドバイザー契約をするべきか?・このように、その会社により金額には違いがあります。これはネットで検索した例なので、めいめい税理士事務所も他と比較するために低めの料金設定にしています。他からの紹介や各自で推測で打診した時などは、もっと高額な価格の料金設定になる可能性もあります。
・納税負担を軽減する事や経営状況をぐっとよくするために、税理士に頼むのに、税理士へ出す料金が高い金額で経営を圧迫しては意味がないです。契約するほど経費に余裕がない小規模業者もあるでしょう。
・節税にしても妥当な儲けが出なければ、節税対策を税理士に練ってもらう行為自体が意味なくなりますし、欠損だったら節税以前の問題です。ですが、経理や確定申告、年末調整が全然はっきりしないのであれば、やっぱり税理士にやって貰うしかありません。
希望の税理士を見つけよう・自社の経営にあった税理士を求めるのが正しい事でしょう。楽にコンサルティングしてくれ、気遣いのある対応をしてくれる税理士を検索するのが最重要ポイントです。自社の職業カテゴリーに関係する知識が確立している税理士もいいと思います。
税理士のみならず必要な条件や知識を手にしていて、自社の経営の相談に応じてくれる人も強力なサポートになります。随分、明快な料金構成の事務所を取捨選択しましょう。
・迷った時には、税理士紹介をしてくれる会社があります。税理士紹介会社は複数の税理士が登録していて、一つ一つ自分の会社の経営にもってこいな税理士を紹介し行ってくれる会社です。サービスで紹介してくれるところも沢山あるので、まずはひとつ相談してみるのもいい事だと思います。