税理士に依頼した場合の料金相場

MENU

相続税の相談を税理士に依頼した場合の報酬(料金)相場は?

相続税の相談を税理士に依頼した場合の報酬(料金)相場は?

 

 

「相続税のことで税理士に相談したいけれど、どのくらいの料金がかかるのかわからない」―そこで、相続税に関する依頼を受けたときの税理士の報酬の相場を調べてみました。

 

 

相続税相談の税理士報酬の相場

 

・税理士に相続税の申告を依頼すると、手数料が発生します。これを税理士報酬といいます。実は、相続税の相談をした際の税理士報酬には、明確な決まりや基準がありません。税理士報酬は完全に自由化されています。

 

・しかし、基準はなくても大よその相場はあります。一昔前までは相続財産の評価額の0.5〜1%という料金設定がほとんどで、評価額が高くなればなるほど税理士報酬も上がる風潮がありました。

 

・つまり、相続財産評価額が1億円なら税理士報酬は50万〜100万円、評価額が10億円なら税理士報酬は500万〜1000万円になります。

 

・随分高いように感じられるかもしれませんが、相続税がかかるほどの資産を持っていて税理士に依頼する人はお金持ちが多かったため、高コストという意識が低かったせいもあります。

 

 

税理士報酬の価格競争

 

昔は税理士報酬で価格競争が発生することはありませんでしたが、今は時代が変わりました。2015年の相続税率改正により、庶民でも税理士に依頼するようになったためです。またインターネットを使った宣伝などで、より安く良心的な税理士をユーザーが選ぶようになりました。

 

現在では単純に財産評価額で決めるのではなく、貯金や上場株式などの相続税率計算が簡単なものは低い報酬で引きうけ、複雑な不動産や非上場株式など計算が難しいものは報酬を高く設定している税理士が増えてきました。

 

このように相続税の計算方法によって報酬を変えることは、依頼主にとっても適正な報酬が分かりやすい方法だといえます。

 

 

どこで税理士の料金を判断するか

 

相続税の計算方法で報酬を決める税理士もいますが、やはりまだ相続財産評価額に一定のパーセントをかけて税理士報酬を決める方式が一般的です。

 

税理士に見積もりを提示されたときに、相続財産の0.5〜1%の数字をかけて自分で判断してみましょう。もしも、0.5〜1%をかけた金額よりもはるかに大きな金額を提示された場合は、その税理士は一般的な相続税相談を受けている税理士よりも、高額な料金で依頼を受けていると思ったほうがよいでしょう。

 

もしも、高額な依頼料を提示されたときは、なぜそのような金額になるのか納得するまで説明を求めましょう。不動産などの算出が難解で高額な場合などもあるからです。

 

ほとんどの税理士事務所で無料の見積もりをしてくれるので、まずは複数の税理士に報酬について確認してから依頼するようにしましょう。

 

>>相続税の節税に強い税理士一覧<<