死亡保険金に相続税は掛かる

MENU

死亡保険金に相続税は掛かるの?

死亡保険金に相続税は掛かるの?

 

 

一家の大黒柱である父親が亡くなって、死亡保険金が降りてくることになりました。しかし、死亡保険金には相続税が掛かるのでしょうか?調べてみました。

 

 

死亡保険金にかかる税金

 

 

・実は、死亡保険金にも相続税が掛かります。しかし、死亡保険金というものは残された家族の生活を保障するための大切なお金なので、死亡保険金に掛かる税金は最小に抑えられています。

 

・死亡保険の相続税計算は、契約者と被保険者と受取人の間柄がどのようなものかで計算方法が違ってきます。契約者は契約して保険料を払う人、被保険者は保険をかけられた人(亡くなった人)、受取人は死亡保険金を受け取る人と考えます。

 

 

 

死亡保険金の非課税枠

 

・生命保険や損害保険には非課税枠が設けられています。非課税率は「500万円×法定相続人数」で計算されます。

 

・例えば、保険契約者である夫が亡くなり、妻が3000万円の死亡保険金を受け取ることになりました。子供は2人います。この場合、500万円×3人なので1500万円までは非課税になります。

 

・この計算方法では、残りの1500万円に相続税が掛かるように感じるかたもいらっしゃるかと思います。しかし、相続税には基礎控除や債務控除などがあります。

 

・仮にこのケースでは、4000万円の相続財産と500万円の夫の借金と200万円の葬儀費用があったとします。相続税の基礎控除は3000万円+600万円×法定相続人数です。相続財産は死亡保険金と合わせて7000万円ですが、死亡保険金の非課税枠が1500万円です。借金の500万円と葬儀費用200万円で合計700万円は債務控除になります。基礎控除は4800万円になります。7000万円-1500万円-700万円-4800万円=0円なので、相続税はいっさい発生しません。

 

・契約者と被保険者が同一の場合は、残された遺族はかなり高額な相続財産がない限りは、死亡保険金に相続税が発生することはないと考えていいでしょう。

 

その他の税金が発生する場合も

 

・しかし、契約者と被保険者が違う場合などは、相続税以外の税金が死亡保険金に掛かってくるケースがあります。

 

・例えば契約者が夫で、被保険者の妻が亡くなり3000万円の死亡保険金の受取人が夫の場合、契約者と受取人が同一なので相続税ではなく所得税が発生します。この場合、約400万円ほどの所得税が掛かると考えていいでしょう。

 

・また、契約者が夫で、被保険者の妻が亡くなり3000万円の死亡保険金の受取人が子供の場合、契約者が存命しているので受取人の子供には贈与税が発生し、約1200万円ほどの税金を納めなくてはなりません。

 

・このように、生命保険金にかかる税金は契約者と被保険者と受取人の違いや関係によって変わってきます。もしも高額な税金が発生した場合は、税理士に相談するのがいいでしょう。