相続税の節税対策なら専門税理士・弁護士に無料相談!

MENU

相続税の節税対策に強い税理士や弁護士と無料相談が出来ます

相続税の節税対策

相続税の節税対策で相続税を出来るだけ押し止めたいという事は、あらゆる人が考慮していることで、

 

相続税相談が多分にあるのですが、思わぬところで本質的な部分しか理解されていないことが結構多いのが現況です。

 

それで、相続税の節税に関わるスタンダードな部分を解りやすく調べてみましたので、是非とも手本としてください。相続税の節税対策を色々考えるのには、当然のことながら財産を少なくすればいいのですが、これでは何の為なのか分からなくなります

 

であるからして、相続税の時の節税対策では、課税の部分になる資産や財産を極力減らしたり、法律上述べられている贈与税が必要のない範囲で上手く役立てて、相続財産への課税対象価額を減らすことが重要なのです。

 

備考>相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策

 

<生前贈与で節税>

で相続税を極力少なくするための質問として、一番に重要な仕組みとして生前贈与というものが出てきます。生前贈与とは、存命しているうちに財産を相続人に無償で自己財産を与える制度です。

 

生前贈与には、普通贈与税が課せられるのですが、生前贈与には控除の制度があるので、この種の制度を使えば節税ができるのです。

 

かりに、仕組みを上手く充てれば、課税されないのは、年間110万円までの贈与です。仮に110万円を超えても200万円以下なら税率は10%です。だから、子供が3人いれば、年間で330万円まで自己の財産を子供に無税で授けることが適切に出来ます。

 

参考:相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策

 

<教育資金>

で両親から子や孫に教育資金を財産から贈与する時は、1500万円までなら贈与税に課税はありません。その、教育資金には、入園料授業料給食費修学旅行費などが合わさったものです。

 

<妻又は夫に対する不動産贈与>

妻又は夫への相続税の基礎控除などは、法定相続分あるいは1億6000万円未満のどちらかまで非課税になります。あわせて、結婚して20年経過した夫婦は、土地や家などを配偶者に贈与する時は、2000万円の基礎控除額が承認されます。

 

<生命保険の活用で節税>

こちらも良く考えられることですが、相続税の節税には、生保も相続税の節税に発揮しましょう。

 

この生命保険の保険料分の現金による贈与をキープし、被相続人の親が亡くなった時、お子さんに生命保険金が支払われる保険契約に設定しておいた場合息子又は娘はこの保険金を相続税の課税対象ではなく、所得以外の一時的な所得「一時所得」の所得税対象として収得するため相続税の節税の効き目があります。

 

一時所得は、収入から必要経費を引いて、また、50万円の基礎控除が出ます。それから、その額を2分の1にした額が課税対象になるので、十分節税になるのです。

 

口コミ(相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策)

 

<不動産を活かして節税>

相続税の節税対策

の相続税の節税対策で何より重要なことは、不動産を応用する節税です。

 

現金や預貯金等と異なって、不動産は鑑定した評価額を決定し相続税を計算しますので、この評価の工程で節税が出来ます。

 

不動産は、相場よりも約3割から4割程度評価額は減った状態で評価されます。さらに、住宅の購入時の控除に加えて、建て替えした場合でも控除が得られるため、十分立派な節税効果があるのです。仮に、相続税のことでほんの少しでも曖昧なことがあれば、税理士に相続税に関してお気楽に尋ねてみましょう。

 

PR☆相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策

 

税理士や弁護士に相談すべきことを事前にチェックする

税理士に相談すべきことがら 

会社を立ち上げて事業を開始するとなると、お役所などと様々な場面で関わることが多くなります。その中でも税務署とうまく付き合うにはどうするとよいか、大きな不安を感じている経営者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こういう場面で、頼れるのが税金に関する専門家である税理士です。中小企業を経営する人がどんなときに税理士に相談することが助けになるか、これから説明していこうと思います。

 

リンク=相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策

 

税理士の主たる重要な仕事

税理士というのは、税理士の制度を定める法律で定められている国家資格となります。税金に関わりのある事務業務を行います。

 

主な仕事は、税金の申告や申請の代理業務、税務手続書類の作成、税務の相談、税の不服審査手続き、税務調査の立会い、などがあります。

 

・税理士がさらに行政書士として登録を行えば行政書士が行える業務にも携われますし、加えて「租税債務の確定に必要な事務」の範囲内で社会保険労務士が行う業務にも対応することができます。起業する時には助けを求めてください

 

重要!相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策

 

起業前 

起業前には事業計画書の作成が必ず必要となるのでアドバイスを受けましょう。自分の会社について個人事業として始めるのがよいか、会社で始めてもよいのか、また株式会社合同会社どちらにするのかなど設立において重要なことを相談することができます。

 

そして、起業にどうしてもかかる費用や、節税における役員報酬の適正な金額はどれ程かなど重要なことを相談しましょう。

 

もし業務や形態が要件に合えば国や地方自治体から補助金助成金というものが出ることも考えられますが、その制度が使えるのかどうかも判断して、その申請における必要となってくる書類についても作成をしてもらうことができます。

 

会社を設立する折は、可能なら行政書士としての登録もしている税理士を選んで相談しましょう。そうすれば、会社法に則った形での定款の作成や公証人役場でおこなう認証手続き同時におこなってもらえます

 

注意・相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策

 

起業の初期 

相続税の節税対策

事業が順調に起動に乗ってくると、経費に関することについても考慮していくことが必要になります。

 

経費については細かいルールがあるので「どんな内容でいくらまでなら経費の対象として認められるのか」について容易には判断できないこともあります。

 

どれ程の金額までなら経費として計上できるのかを税理士によく聞いておくのがよいでしょう。さらに、役員報酬の設定金額によって、どの位の税金の違いが生じるのかちゃんと計算して必要な提案をしてくれるでしょう。

 

宣伝:相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策

 

起業の後も税理士を活用 

・資産導入資産にも細かなルールがあります。資産の種類で“耐用年数”や“減価償却”の仕方には違いがありますので、判断に困った際には相談してみましょう。

 

資産にによっては期限付きの特例処置の適用が受けられる場合も多いですので、資産の導入について検討している場合は前もって相談しておくことが必要でしょう。

 

決算の時 税理士は、決算書や税務申告書を作成してくれるでしょう。近頃ではパソコンの会計ソフトの使い方を覚えて自分で計算する経営者もいるようですが、難しいような場合には税理士にお願いした方がよいでしょう。毎日計上する取引は自分で記載し、決算書と税務申告書だけを税理士に頼む人もいると思います。 

 

税理士は経理のエキスパートでもあります。長年営業として仕事をしてきたり技術には自信があっても経理に関することには疎いという経営者は、あらかじめ機会をつくって経理を適切に処理することやいかに効率化できるのかを税理士にぜひ相談するとよいと思います 。

 

注目です!相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策

 

相続税対策に関しての相談 

中小企業など、法人だけではなく、個人という立場でも税理士に相談しておくと良いことがあります。サラリーマンなど給与所得者が会社から受け取る所得の他に収入がある時の
確定申告もそうですし、大変大きな影響が出てくるのが、相続税です

 

普通は相続といえば弁護士に相談するのがよいと考えるでしょうが、相続税の節税対策のことなら税理士は幅広く深い役立つ知識を持っているので意外な節税方法が発見できると思うので一度相談してみましょう。

 

おすすめ:相続税に関して、相続税の無料相談と相続税対策

 

相続税の節税は事前に計画的に

 

 

相続税は計画的に対策を実行すれば安く済ませることが可能で、やり方次第では五割から八割以上も節税することができます。どうすれば計画的に相続税の節税ができるのか四つの重要な事柄に分けて説明します。まず一つ目はプラスの財産となる課税財産を少なくすることです。例えばアパートを建てるとか現金を不動産に変更して評価の安い財産に変えてしまったり、生前贈与を活用します。生前贈与を検討する場合、自分が死んだときに相続人の誰かに財産を渡したくない場合や子供が家を建てるので資金援助がしたいといったことも考えられます。二つ目は自身の葬式を豪華にするなどして、マイナスの財産を増額することです。他にアパートを建てるときに借金をしておくと、アパートを建てた土地は自由に使える土地ではないためその分価値が下がるので評価額が下がり、自己資金は納税資金として活用することができます。三つ目は、実子を作ったり養子縁組などをして、法定相続人を増やすことによって基礎控除額を増やすということです。法定相続人とは財産を相続できる権利を持った人のことで、配偶者や子供など民法で定められています。もし法定相続人が配偶者のみや子供が一人だけといった場合は、相続財産から引かれる基礎控除額が少なくなるため、その分相続税が高くなってしまいます。四つ目は税額控除や特例を活用するということです。配偶者控除や小規模宅地等の減額特例というものがあり、これを活用することで相続税の節税対策が可能です。小規模宅地等の特例とは、相続税の計画上亡くなった人が保有していた宅地の評価を大きく減額してくれる特例ですから、確実に使うことが重要です。この特例が使えるのは自宅や事業などで使われていた土地で、適用されたならば一定の要件を満たした場合八割の減額が期待できます。相続税の節税対策はこうした事前の計画的な対策が非常に重要ですから、予防的な相続が大切なことを覚えておく必要があります。